読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の2次情報。

渋谷のITベンチャーで働くゲイが、フィールドワークとかニュースで見つけた1次情報に、解釈を付け加える。主観的だし、正しくない。

【退職エントリ】新卒で入社したitベンチャーで得た3つのこと。

はじめに

退職しました。渋谷にあるitベンチャーを。
次も渋谷にあるitベンチャーに行くのですが笑。
本当に俺、生き急ぎすぎかなー。公務員なりたいよ笑
 
新卒で入社したのですが、内定後も一年半くらいインターンもやってたので、計3年くらいいました。
 
そこで、大企業?ベンチャー?どっちにすべき?とかよく言いますが、ベンチャーで良かったこと、悪かったことをまとめます!
 

ベンチャーで良かった3つのこと

1:ニュートラルな思考法が身についた・地頭がよくなった。

ベンチャーで働く際に、ビジネスに近い視点で仕事ができたことがまず良かったことです。
 
仕事がマニュアル化されてなく、むしろマニュアル化していく仕事が多かったので、日々ゼロベースにニュートラルに目的に立ち返って思考することができるようになりました。
 
例えば大企業では、聞く話だと、行う仕事は配属された時点で決められます。
 
なので、初めはまずマニュアル化されている仕事を上司から学んで、間違いなくできるようにする、マニュアルの中でやり方だけを工夫して、数値成果を出す。
みたいなことになりがちです。
 
しかし、ベンチャーは「利益を出す」というビジネス視点から、KPIを分解して、どうするべきか?を初めから考えられるので、
よりゼロベースで、手法もニュートラルに限定せずに考えられます。
 
例えば、私はwebディレクションの傍ら、生産性の改善も行っていたのですが、そもそも生産性に対する課題意識・問題点をヒアリング、アンケート調査をするという設計から始めて、この課題を解決するならどんな手法があるのか?ということを考えて進めていました。
 
おそらく、こういった「経験」は、ベンチャーならではだったと思います。
 

2:自分の働き方・強みを見つけられた。

二つ目は、働き方と強みのだいたいの当たりが付けられ始めたということです。
 
ベンチャーは、事業自体の方向転換が早かったり、職種の変更もあります。
 
そこで、webディレクションを基軸に私は様々な仕事を任せてもらえたのですが、このようにいろいろな種類の仕事を多く「経験」できるのは、ベンチャーの強みだと思います。
 
例えば、大企業だと3年勤めてまだ営業を続けているみたいな話を聞きます。
 
ずっと同じ仕事ということもあり、営業スキルは磨けると思いますが、中々他の仕事に適性があるかも?という可能性の検証はできないと思います。
 
私の場合、インターン時代から
など、ざっと思い浮かぶだけでかなり多岐に渡った仕事ができました。
中にはPJ1個分のみという、短いものもありましたが、
その中で向き不向きというのが見えてきました。
 
私の強みは、
  • 情報を編集して、フォーマット化できる
  • アブダクションする力、仮説・アイデアを出す力が強い
  • 観察力が強い
ということがわかりました。
例えば1個目は、HTMLやIA(情報設計)、ガントチャートなどの進捗管理、議事録フォーマットの最適化などで、他者からの「まとめ上手」「議事録わかりやすい」などの評価から、情報構造をまとめて組み立てるのが上手いということがわかりました。
 
または、2個目のアブダクション力は、仮説を出す力なんですが、パートさんで困ってる人がいると、その状況から最悪離職するかも?と考え、事前にヒアリングなどして、感情の爆発を事前に回避したり、
ユーザーヒアリングなどの定性的なデータから、課題を仮説としてだ出し、施策に反映し、効果をあげたりなど、「そういった視点もあるのか!」「鋭い!」などの評価から見つかりました。
 
3個目は、社内の状況を観察して、人のいい部分を見つけて、フィードバックしたり、改善点などを婉曲的に伝えることで、ポジティブな環境になった時に、「よく見てるね!」などの評価から見つかりました。
 
やはり、多様な仕事をすることで、それらに共通してる強みを見つけられるものだと思いました。
 
また、ベンチャーは残業が多いのですが、そういった中で自分はガムシャラに仕事をするワークスタイルでなく、定時であがって、社外でのフィールドワークや友人からのヒアリングから、ビジネストレンドやインサイト発見していくほうが向いているとも気付けました。
 

3:意識の高いということをいろんな観点で学べた。

ベンチャーにいる人は意識が高く、土日も仕事か勉強をしていることが多いです。
 
そうした中で、もちろん私も生き急ぎすぎかもしれませんが、勉強をしてますし、それが習慣化されました。
 
また、ある程度フレキシブルに勉強会やセミナーに参加でき、同じような志向の人が集まりやすいので、社外人脈の作成も容易にできました。
人脈というよりも、共感した弱いつながりと、自分は定義したいですが。
 
また、意識高い人を観察する中で自分の人間の人格のペルソナというか、類型化しているパターンの中で、どういった精神構造なのか?のあたりもつけることができました。
これは、人生論を考える上で役立ってます。
 
 

ベンチャーで悪かった3つのこと

1:スキル面での成長が遅い
ベンチャーはなんだかんだ言って、ノウハウは皆無です笑。
「経験」は積めますが、「知識」は習得はしづらいです。経験と知識は一対一がいいと考えているのですが。
だからこそ、作っていく喜びもありますが、いつの間にか井の中の蛙でノウハウが全くなくなるという危険性があります。
 
本を読んだりして勉強熱心ですが、所詮書籍化されてる程度の内容ですし、大企業のノウハウはすごいものごあるなと社外の方との交流で思います。
 
もうすでに磨きたい専門性が決まっているならその道のプロがいる企業がいいと思います。
 

2:インフォーマルな評価が重視され、サークル気分が抜けない

フォーマルな評価は、社内の人間が作っていくので、ドグマを通さないで評価されますが、
人が少ない分、インフォーマルな評価は、大きく反映されやすいです。
 
新しいPJへの配属は、気に入られた人が採用されることが多いのが現状です。
 
良くも悪くもサークル乗りで、仲間と楽しく、といったところは、どうしても抜けない部分だとも感じました。
 

3:意識の高い病にかかってる人が多い

意識の高いことによるメリットもありますが、デメリットもあります。
 
まず、何かしら成長しなければいけない、といった強迫観念に晒されてる人が多く、いつも勉強や仕事がしてないと不安、生き残れるか不安といった、不安な人が多いです。
 
よく言えば危機感が強いんでしょうが、あまり幸せそうには見えなかったです。笑。
 
常に不安に晒されて、ラットレースを駆けるハムスターのような感じで、どんなに努力しても、数字を上げても、自己不全感に悩まされてました。
 
そして、プライドが高い人も多かったので、そのせいで人の自尊心を傷つけるような発言が出たりなど、辞めていく人がいたのも事実です。
 
 
こんな感じですが、もちろんベンチャーだから、大企業だからと単純にはくくれないです。
 
ただ、ベンチャーは薄給で遅くまで働くということは概ね確からしい事実ですかね笑
 
まあそんな感じ。
次の会社では強みを活かしてまた頑張ります!では!